マイルカード〜マイルを貯めてお得に旅行をGETする

マイルカード(クレジットカードでマイルがお得)、便利な一体型

“マイレージ”って、ポイント還元の時に、一緒によく見る語句ですね。マイルということから、飛行機での旅行に関連することで、 普段余り関係ないのかなと思って、 正直、ほとんど関心の対象ではなかったのです。それが、ヒョンなことからマイルを利用している友人の話を聞いていて、 チョット認識が違っていたようなので、 調べてみようと思い立ったわけです。マイレージのマイル加算条件や交換ルールなどは航空会社によって それぞれサービスが違っているようですね。

マイレージは、アライアンスという提携グループに分かれているので、 アライアンス内でサービスを共有しているようです。 現在、アライアンスは3つあるということでした。マイルサービスはどこも変わりない、ということではないようですね。各航空会社のマイレージプログラムは、 それぞれに違った特徴を打ち出しているので、 利用対象を自分に合ったもので選んでおかないと あまり得にはならないようです。ライフスタイルと照らし合わせて選ぶことが大事、 ということですね。マイルというと、貯めることが目的になりがちだそうなので、 気をつけておきたいのが、常に使うことを前提に選ぶことが 一番重要なところ、と言われています。

今は、マイレージカードとクレジットカードが一体になった マイルカードがあるようです。このマイルカードなら、 特別なことをするわけではなく、普段の生活で利用していれば、 マイルが貯まるわけです。しかも年会費無料ときているからうれしい特典ですよね。有効期限の長さを吟味しておけば効率的に利用できる、ということで、 やっぱり意識しないで利用できる分、 便利でお得なカードなのかもしれませんね。



マイルカードで無料航空券を

私はマイルカードが大好きです。航空会社のマイルカードはもちろん,クレジットカードもポイントを航空会社のマイルに換えることができるるものを持っています。また銀行のカードと一体になっていて,貯金をすればマイルが加算されるカードも使っています。海外旅行が大好きな私にとってマイルカードは現実的な夢への第一歩でもあります。マイルを貯めて,無料航空券をゲットして次はどこへ行こうかなと,航空会社のマイルチャートや空席状況を見ながらあれこれ思いをめぐらすのは,私の楽しみの一つでもあります。このごろは片道航空券だけでも換えられるマイルサービスが増えてきたのもうれしいことです。現在クレジットカードは一枚ですが、マイルカードは日本・海外の航空会社含め八枚以上も持っています。これはマイルを貯める上では効率が悪いので、もう少し数を少なくしようとは思っています。ただ安いからと航空券を購入しないで,しっかりマイルが貯まる航空券を購入して、カードを利用することにしましょう。もちろん日々の買い物でもせっせとクレジットカードを使いましょう。私は貯まったマイルはいつも航空券に換えています。いつか世界一周航空券に換えたいと夢見ています。



航空会社のマイルカードはお得が一杯

国内や海外旅行がお好きで飛行機によくお乗りになられる方の必須アイテムといえば、各航空会社からサービスが提供されているマイルカード。飛行機に乗るたびにマイルポイントが貯まっていき、貯まったマイルポイントは航空会社の無料航空券やアップグレード券、航空会社厳選の商品と交換が出来る、大変お得なカードですよね。クレジットカード機能の付いたマイルカードならば、ショッピングの際に使用すれば利用代金に応じてマイルポイントが貯まり、使えば使うほど特典ゲットまでの道のりが近くなる、利用者にとって大変お得となるカードも多くありますよ。そのようなマイルカードにもグレードがあり、上級会員になれば多くのサービスを受けることが出来るのは皆さん承知の事だと思います。私は最上級会員のカードを所持しており、飛行機に乗る際のチェックインは、専用カウンターで行うことが出来ます。チェックインの時間を短縮でき、空港内でゆっくりと過ごすことが出来ますよ。また、空港に設置された専用ラウンジも利用することが出来るのです。ラウンジ内では新聞や雑誌が読めて、インターネット接続も可能、軽食やお酒と、様々なサービスを受けることが出来、何時も搭乗時間までの時間を有意義に過ごしています。




ローンを使った資金調達法

事業者ローン・ビジネスローン

事業ローンやビジネスローンというのは、古くは「商工ローン」とも呼ばれていて、事業を行っている経営者や個人事業主に対して行う「無担保・保証人なし」のキャッシングプランとなっています。

近年では、銀行や消費者金融だけではなく、様々な金融機関が行っているサービスとなっていて、開業資金や運転資金の調達方法として活用されていることが特徴的です。

有担保のローンと比べると、貸付金利が高くなっていることが挙げられますが、審査も早く、貸付限度額も高く設定されているために、短期の資金調達方法として利用する方が多くなっています。金利が高いということが特徴の一つとなっていますが、担保や保証人を必要としていないために、通常の消費者金融が展開しているキャッシングプランと同じように利用することが出来ます。

ビジネスローンの特徴について

無担保で第三者の保証人が必要ない

ビジネスローンというのは、基本的に無担保で融資が受けられます。そして保証人に関しても、第三者の保証人を立てるという形式ではなく、経営者の場合は企業の代表者が保証人となるケースが多くなっています。ちなみに、個人事業主の場合は個人で借り入れをするという形式になるケースが多いために、保証人自体が必要ないことが多いです。

保証人がないということで、違和感があるという人も多いかもしれませんが、本来、事業に対する貸付というのは企業に対して貸し付けることが多くなっています。そのため、企業が倒産してしまうと金融機関の貸し倒れになってしまうということが挙げられますので、それを防ぐために、代表者を保証人にするということになります。これを簡潔にすると、代表者が個人で借り入れをして、借り入れた資金を事業に使うということになるので、それほど難しいことでもありません。

ビジネスローンは、有担保のローンと比べると貸付金利が高くなっている

住宅ローンを始めとする、担保を提供して融資をしてもらうローンプランというのは基本的に貸付金利が低くなっています。しかし、ビジネスローンというのは、無担保で貸付をしてくれるローンプランとなっていますので、金融機関にとっては、貸し倒れのリスクがあるということになります。代表者を保証人にしていたとしても、無い袖は振れないということが挙げられますので、常に貸し倒れのリスクを孕んでいるということになります。

そのため、ビジネスローンというのは、有担保のローンと比べると、貸付金利を高くして少しでも貸し倒れのリスクを軽減するという仕組みを採用している金融機関が多くなっています。

ビジネスローンは、総量規制の対象外となっている

総量規制というのは、2010年に制定された貸金業法の一部となっていますが、これは「年収の3分の1までしか貸し付けてはいけない」という内容になっていて、個人向けのカードローンに対して適用される法律になっています。

そのため、事業のために資金を融資するという名目のビジネスローンに対しては対象外となっていて、年収の3分の1を超えても借り入れをすることが可能になっています。

近年のビジネスローンは、ローンカード型が増えてきた

一昔前まで、ビジネスローンといえば銀行振込で借り入れや返済をするということが多くなっていたのですが、近年ではローンカード型のビジネスローンも多くなってきました。

ローンカード型の特徴としては、提携しているATMから借り入れや返済をすることが出来るということが特徴的になっていますが、その他にも「365日24時間いつでも利用することが出来る」ということが挙げられます。

このタイプは、個人向けのカードローンに多い方式となっているのですが、融資枠だけを貰っておいて、実際に使用する際には、必要な時に必要な分だけを借り入れることが出来るということになり、中小企業の経営者にとっては非常に使いやすいローンタイプになっているということが特徴的になっています。

ビジネスローンを比較するポイントについて

貸付金利は上限金利で判断する

ビジネスローンにも、貸付金利の幅というものが存在します。よくあるケースとしては、「4.7%〜17.8%」というように表記されていて、この「17.8%」の部分が上限金利となります。

貸金業の多くはビジネスローンも含めて、上限金利で貸し付けられることが多くなっていて、下限金利で貸し付けられるというケースは、とても少なくなっています。そのため、下限金利が、どれほど低くなっていて「1.5%〜18.0%」というような表記になっていたとしても、実際に貸付金利を見ると、18.0%となっていることが多いように、下限金利や貸付金利の幅で判断するということは出来ません。

初めから上限金利で貸付をすると考えることによって、ビジネスローンを利用する際にも、どれぐらいの利息が発生するのか予測することが可能になっています。

融資までのスピードで判断する

融資を希望するという状況は、言ってみれば「突発的な事故」のような状況ということになります。予め資金が足りなくなるということが予測できている状況なら、ビジネスローンではなく、公庫や都道府県の財団法人などを頼るという方法も可能になっていますが、ビジネスローンを利用したい状況というのは、ほとんどの場合「緊急に資金が必要になった」ということが多くなっています。

そのため、焦る気持ちも分かりますが、融資までのスピードで判断するという方法が用いられています。審査や申込み、融資に至るまでの時間として、早ければ即日、長ければ2〜3週間というように、申込みから融資に至るまでの期間が大きく異なりますので、急いでいる時ほどキチンとビジネスローンを比較して、スピードが早い金融機関を利用することが大切です。

目的に合わせてビジネスローンのタイプで判断する

ビジネスローンは大きく分けて2つのタイプが存在します。

まずは、ローンカードタイプのビジネスローンとなっていて、これは一般的に利用されている消費者金融のカードローンと同じように、必要な時にローンカードを使用することが出来る提携ATMから借り入れをして、返済をするという仕組みになっています。

そして、もう一つのタイプが、ビジネスローンの契約時に全額の融資をしてもらうタイプになっていて、銀行や公庫などの金融機関からの融資ということになると、こちらのタイプが多くなっています。ローンカードタイプと比べると、限度額や融資額が大きく設定されていることが特徴的ですが、状況に合わせて途中の追加借り入れや提携ATMなどでいつでも気軽に借り入れをするということが出来ないことが挙げられます。

このように、状況や目的に合わせて利用するビジネスローンのタイプを使い分けることで、最適なビジネスローンを判断することが出来ます。

ビジネスローンを提供している会社のタイプで判断する

ビジネスローンを判断する方法の一つに、ビジネスローンを提供している会社で判断するという方法があります。これは、ビジネスローンのキャッシングプランで比較するということではなく、ビジネスローンの展開している会社がどのようなタイプの会社なのかということで判断する方法になります。

ビジネスローンを展開している会社のタイプとしては主に2通りのパターンが存在します。それは、「事業性のローンを展開している」か「個人向けのローンを展開している」という2パターンとなっていて、前者の場合はビジネスローンの他にも不動産担保ローンや売掛債権担保ローン、有価証券担保ローンなど事業性のあるローンの相談に乗ってくれるケースも多くなっていますが、後者の場合は個人向けのローンとなっているために、利便性は高いですが、融資の限度額が低く設定されていたり、審査が厳しめになっていたりとデメリットも大きくなっていることが特徴的です。

ビジネスローンを申し込む際の注意点について

ビジネスローンはメインの資金調達方法としてはいけない

ビジネスローンというのは、銀行の融資や公的機関の融資と比べると、遥かに使いやすいタイプのキャッシングプランとなっているために、多くの利用者が存在する資金調達方法となっていますが、ビジネスローンをメインの資金調達方法としてはいけません。

その理由としては様々な事柄が挙げられますが、第一にビジネスローンというのは、銀行の融資や公的機関の融資と比べると、遥かに金利が高くなっています。金利が高いということは、短期で返済できるのなら問題ないかもしれませんが、半年、1年、3年と期間を負うごとに利息の返済が苦しくなってしまいます。

そのため、緊急で資金が必要になったという場合を除いて、基本的には利用しないほうが良いということに繋がります。

ビジネスローンを借り入れる際の条件をキチンとチェックする

これは当然のことですが、ビジネスローンは誰にでも借り入れができるというローンプランではありません。基本的には経営者や個人事業主に向けてのローンプランということになっていますが、ビジネスローンの中には、経営者のみが利用できるタイプや個人事業主のみが利用できるタイプなど様々な条件が存在します。

その他にも、企業が設立してから3年以上が経過しないと利用できないというタイプや、逆に設立してから1年以内でないと利用できないというようなタイプまで存在しますので、ビジネスローンの申し込みをする際には、条件をキチンとチェックしてから申し込みをするようにして下さい。

申し込みブラックにならないように気をつける

これは、ビジネスローンに限らず個人向けのローンでも同じことが言えますが、短期間で複数の企業に対してビジネスローンの申し込みを行うと「申し込みブラック」という形式で信用情報機関に記録が残されてしまいます。

記録されると、どうなるのかというと、「この会社は資金繰りがショートしていてマズイ状況だ」と金融機関に判断されることになりますので、融資の審査に通らなくなってしまいます。

ビジネスローンに限らず貸金業の多くは「本当に困っている人には資金を融資しない」という不文律があります。これは、資金を貸すことによって一時的には対処できる可能性があるが、最終的に貸し倒れになってしまう危険性が高いためだとされています。

そのため、申し込みブラックに認定されてしまうと、資金繰りに困ることになりますので、申し込みブラックに認定されないようにするためには、半年間に申し込みを行うのは3社までにするというテクニックがあります。これは、もし信用情報機関に申し込みブラックだと記録されていたとしても、半年間が経過することによって記録が抹消されることになりますので、3社にビジネスローンの申込みをしても審査に通過できなかった場合は半年の期間を空けてから申し込みをするようにして下さい。

申込みが完了したら、すぐに書類を提出する

ビジネスローンというのは、個人向けのローンと違って提出しなければならない書類の数が多くなっています。会社の登記簿謄本や決算書などを必要とするケースが多くなっていますので、申込みが完了したら、これらの必要書類をすぐに提出しなければいけません。

期限を定められているケースは少なくなっていますが、申込みを完了しているのにも関わらず、1週間も2週間も掛けてしまうと、本気度の低い顧客だと判断されてしまう危険性がありますので、審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。

虚偽の申告や嘘の申告をすると、すぐにバレてしまうので、絶対にしてはいけないことになっていますが、フットワークが重いということも悪い印象を与えてしまうことに繋がりますので、少なくとも融資が下りるまでは良い印象を抱いてもらえるように行動することが大切です。



新生銀行グループの提供しているビジネスローンについて

消費者金融noloanを提供している新生銀行グループでは、経営者向けのビジネスローンとしてオーナーズセレクトカードがあります。事業性資金の場合は総量規制の対象外となり、一定の条件を満たすと事業性資金としてビジネスローンを利用することができます。このオーナーズセレクトカードの金利は13.0パーセントから18.0パーセントで融資金額は最大300万円となっています。入会金や年会費は無料で保証人や担保も必要ありません。 申し込み方法はオペレーターが対応してくれる電話や申し込み用紙をFAXで送付する方法のほかに、パソコンで24時間行うことも可能です。審査には本人確認書類のほかに個人経営の場合は直近1期分の確定申告書・法人の場合は直近1期分の決算書と本人の年収を確認できる書類などが必要なので準備しておきます。咲いたんでは即日での融資が可能である点がメリットですが、他にもこのオーナーズセレクトにはメリットがあります。 個人で利用するnoloanのキャッシングでも楽天銀行に口座を持っていれば24時間リアルタイム取引が可能であり、土日や夜間も関係なく24時間手数料無料で借入れや返済ができますが、このオーナーズセレクトカードでもそれは同様です。そして返済ごとの支払い利息に応じてポイントを貯めることの出来るポイントサービスを利用することも出来ます。貯まったポイントは他の特典と交換することができるので有効的に活用することができます。

消費者金融ランキング




使い方いろいろなカードローン

困った時の救世主になるカードローン

悪者にされがちですが…

自己破産などの社会問題がクローズアップされると、何かと悪者にされがちなカードローンですが、お金に困っている際に即日融資をしてくれる消費者金融はありがたい存在です。

消費者金融は昔から「高利貸し」「サラ金」と呼ばれ、お金の使い方を知らない人が利用するものと思われていることが原因です。そのイメージに拍車をかけたのが消費者金融の無謀な貸し付けによる自己破産者の増加と平成18年の最高裁判決で確定したグレーゾーン金利返還訴訟です。

しかし、消費者金融がこの世からなくなってしまったら一番喜ぶのはヤミ金業者でしょう。お金が足りないからと銀行借り入れを申し込んでも審査結果は1週間程度かかります。どうしてもその日にお金が必要なのだという人には対応できません。消費者金融は必要な金融機関なのです。

困った時の即日融資は「地獄に仏」

最近の大手消費者金融は、即日審査と即日融資を盛んに宣伝しています。実際に申込をしてみるとその日のうちに審査が終了し、自分名義の銀行口座に振込をしてくれます。クレジットカードの決済日に資金不足になりそうだという場合は、文字通り「地獄に仏」ということわざが頭に浮かぶものです。

ただし、即日融資に対応していない消費者金融も少なからず存在します。特に信販会社系のカードローンは対応していないことが多いです。このような場合は緊急事態が多いため、あまり確認する余裕もないかもしれませんが、急がば回れということわざ通り、一度その消費者金融のWEBで即日融資が可能か否かを確認してみることが必要です。

一番確実な方法は、無人機店舗でもいいので大手消費者金融の店舗で直接申込をすることです。WEB申込は手間がかからないのに対し、無人機店舗で1時間から2時間程度の待つ必要があります。しかし審査結果にもよりますが、確実に即日融資が実現します。運転免許証と収入証明書があれば申込は可能です。

使い方一つでこんなに有利

即日融資はこのように緊急事態に陥った人の利用も多いのですが、確信犯的に利用している人も少なくありません。これは、大手消費者金融の一部で実施している1ヶ月間の無利息キャンペーンを最大限活用するためです。

無利息キャンペーンは、大手消費者金融が契約後最初の1ヶ月間だけ利息を零にしてくれるというのです。しかし、契約後すぐにお金を借りないと権利放棄になってしまったり、無利息期間が短縮されたりします。これを防ぐために資金が必要な日に申込をして即日融資を狙うのです。

具体的にはクレジットカードの決済日に契約をするわけですが、この手の人は買い物をクレジットカードの締め日翌日などにすることで買い物代金の支払を最大限伸ばそうとしているわけです。更に、借りた最初の1か月は無利息にできるわけです。

またあまり知られていないかもしれませんが、電化製品などは現金支払をすると1割程度安く買える店舗があります。価格比較サイトを見れば見つけることはできますが、この手の店舗は、クレジットカードの手数料やコスト切り詰めでこの価格を実現しています。カードローンを使えば、今までクレジットカードが使えないからとあきらめていたこのような店舗でも買い物が可能になります。クレジットカードのリボ払いを利用するよりはるかに有利です。

なお、大手消費者金融の無利息キャンペーンは、銀行系カードローンも採用するようになりました。ちょっとルールが複雑ですが、一部の地方銀行では45日という1か月を超える期間の無利息期間を設定していることもあります。

カードレスのカードローン

消費者金融の中には、振込の形でキャッシングをすることができることが増えてきました。わざわざ108円の手数料を支払ってコンビニでキャッシングをする必要がないので、銀行引落資金を借りる際はずいぶん利便性が上がります。

信販会社の中には、最初からローンカードを発行しない代わりに金利を若干引き下げている場合もあります。カードレスにすることで利用者も利便性が上がりますが、消費者金融などにもメリットがあるのです。

このようなカードレスのカードローンでは、返済をネットバンクで行うことが普通です。消費者金融によっては返済の際の振込手数料を負担してくれる場合もあります。通常の銀行で振込をすると手数料が高いのですが、ネットバンクの場合は意外と安いのです

必要以上に審査を恐れる必要はありません

消費者金融でお金を借りる以上審査を逃れることはできません。しかし、この審査を必要以上に怖がる必要はありません。消費者金融の審査は「落とすための審査」ではなく「融資可能額の決定」が主目的だからです。

あまり気を使い過ぎるとかえって悪い結果になりかねませんので、落ち着いて正確にかつ正直に申込書を作成することが大切です。消費者金融も信用情報機関で今までのカードローンなどの利用状況は照会していますから、ウソを書いてもばれてしまいます。

申込書は正確に

消費者金融の申込書を作成したことがあればわかると思いますが、非常に記入項目が多いです。改めて見直すと個人情報の塊だなと再認識されますが、これだけ記入項目が多いと間違いが生じるのは仕方ないかもしれません。しかし間違いの内容によっては消費者金融の担当者から直接電話で質問を受けることになり、審査が遅れる原因になります。

また、審査を気にするあまり自分の収入を多めにしてしまう事も少なくありません。最近は収入証明書の提出がありませんから多少のことはわからないことも現実ですが、平均的な年収額のデータは消費者金融も持っているので、あまりにおかしいと審査が遅れる原因になります。

特に住所や名前の誤りは審査が止まる原因です。他人になりすまして契約しようとする人が少なくないので、消費者金融もかなりシビアになっています。提出前に一度確認することをお勧めします。

初回なら落とされることはありません

この話を読んであまり安心しすぎても困るのですが、今まで一度もカードローンを申し込んだことがない人であれば、審査で落とされることはまずないと考えていいでしょう。なぜなら「マイナス要因」がないからです。審査で落とされる原因はブラックリストと与信枠オーバーの2つが主要因ですが、初回の申込であれば落とされる要因が非常に少ないのです。

審査で落とされることを必要以上に恐れる前に、正確な申込書を作成することを気にした方がよほど賢明です。即日融資を望むのであればコンピューター審査だけでスムーズに審査を終わらせることが大切です。

在籍確認の電話を回避するコツ

消費者金融の申込を思いとどまらせる大きな理由が職場への在籍確認の電話です。職場によっては消費者金融の利用を極端に警戒していることがあります。消費者金融を利用するだけで生活が破たんしたり、社内で不正を起こすと考えている人もいるようです。実際にそのような事はありませんが、無用のトラブルは避けた方が賢明です。

申込後に確認の電話が消費者金融からありますが、その際に在籍確認の電話があると困るという話をしてみましょう。アコムのように在籍確認の電話は省略できないという場合があるのに対し、プロミスやアイフルのように「検討してみる」という場合もあります。この場合、健康保険証の確認で在籍確認を終わらせることが多いです。

また、モビットのように銀行口座や健康保険証などの提示を条件として、最初から在籍確認を含めた電話確認を一切しないという申込方法を準備している場合もあります。とかく嫌われる在籍確認ですが、消費者金融によって対応はバラバラです。

使い過ぎには要注意

即日融資ができるほど気軽に利用できる消費者金融などのカードローンですが、借金であることには変わりありません。返済計画を立ててから借りることが前提です。しかし、急いで借りたい人は必ずしも計画を立てていません。

大体の目安ですが、手取月収額の2か月分程度が上限だと考えるべきです。なぜなら、この程度の金額であれば手取月収の4分の1程度の返済を1年間続ければ余裕で完済できるからです。

貸金業法では、消費者金融が年収の3分の1を超える貸付をすることを禁止しています。これ以上の貸付をすると早期返済ができず、利息ばかり膨れ上がるため貸付の制限をしているのです。

支払がきついと思ったら黄信号

順調にカードローンの返済をしていても、自分の責任ではない原因で支払が厳しくなる事があります。減給や失業などです。その場合、まず消費者金融に相談をすることが大切です。支払が遅れそうだというのであればなおさらです。

ただし、消費者金融も必ずしも都合のいい返事をくれるとは限りません。いざとなったら給料の差押をするなどという脅し文句を浴びせてくることもあります。そうなったら早目に法律事務所で法的整理の相談をした方がいいです。

法的整理を大別すると

  • 私的整理
  • 個人再生
  • 自己破産

の3つのバターンがあります。このうち私的整理は消費者金融と弁護士が話し合って、利息を減免して元本だけを3年から4年程度かけて分割弁済するというものです。個人再生は裁判所がすべての債権者を仲介して債務を減額する方法です。そして自己破産は一定の条件を満たすことで債務の全てをチャラにするものです。

私的整理は必ずしも全ての借入先に対して平等にする必要がないことが特徴です。例えば会社の共済制度からも借入がある場合、これに対して債務整理をすると他の社員に自分の借金を肩代わりさせたことになるため、社内で働き続けることが難しくなることがあります。このようなことを防ぐことができます。

個人再生と自己破産は法律の規定により債務を圧縮したりゼロにする方法なので、弁護士さんの手間がかかります。つまり、報酬が結構必要になるわけです。公的な法律扶助の制度である「法テラス」もありますが、お金がないから債務整理をするわけですから、簡単に踏み切ることもできないのです。

できるだけ早く対応することで消費者金融のおまとめローンを利用したり、私的整理で終わらせることができるのです。

繰上返済で早く完済しよう

もっとも支払が厳しくなる前に自分で対処することは可能です。その手段として繰上返済が挙げられます。消費者金融などのカードローンは借りた金額に対して毎月の返済額が非常に少額です。

カードローンはコンビニなどのATMで自由に借りることができるのが利点ですが、同時に自由に返済することも可能です。ただし、消費者金融などによっては返済が自由にできないことがあるので事前確認は必要です。

借金をすることは悪いことではありません。しかし借金をしていることは毎月の支払義務を負います。収入が減ってもなくなっても義務は消滅せず、自分で解決しなければいけないのです。これが借金をしていることのリスクなのです。

このようなリスクからできるだけ早く逃れる手段が繰上返済です。自分が利用している消費者金融などでその方法を確認して、できるだけ早く完済することをお勧めします。

自己破産などの債務整理は一生の傷

どうしても借金の返済ができなければ債務整理をする必要があります。しかし個人再生や自己破産は法律による債務整理なので官報などに載ります。当然ブラックリストにも載りますから最低5年間は消費者金融を含む金融機関との取引が制限されます。

また信販会社は官報の法的整理欄をデータベース化している場合があります。ブラックリストは5年間で消えますが、データベース化されてしまうと一生残ります。また消費者金融の多くは銀行傘下にあるため、自己破産などをすると銀行にもデータが残ります。ご存知の通り、銀行に限らず金融機関は合併などで規模の拡大を図っていますが、この際お互い持っている顧客データも共有されます。

このように自己破産などの法的整理による債務整理は一生消えない傷となって残り続けます。安易にするものではないのです。



アコムについて詳しく記載をします

最近では、資金繰りに困る方が増えていますが、キャッシングをすれば簡単に金欠を改善する事が可能です。キャッシングは個人に対して資金を貸し付ける事であり、原則として無担保で利用できるので、手軽に資金を手に入れられます。借り入れが可能な消費者金融については多岐に渡りますが、その中でも利用者からの支持率が高いのはアコムです。アコムは、全国的にも有名となっており、顧客からの評判が高い事に定評があります。また、年会費などが無料なので、余計な費用を負担せずに済みます。肝心の金利に関しては低く設定されており、利息の負担が軽減されます。このように、魅力的な条件が多いので、アコムで借入をする方が増加傾向にあります。アコムでキャッシングをしたのであれば、返済期日が定められているので、その日までに完済をする事が重要となります。返済期日を厳守しないと、延滞金を支払って負担が増えるので、くれぐれも注意をしなければならないです。利用規約を厳守していれば、トラブルを起こす事なく有意義にサービスを活用する事が可能となっています。返済方法に関しては、分割払いと一括払いのに種類に大別する事ができます。それぞれで、欠点と利点があるので理解しておく事が大事です。分割払いについては、毎月の支払い額が少額となるので、返済で苦労をせずに済みます。ただし、返済期間が比較的長くなる傾向にあり、利息の負担が増えます。生活費に余裕がない方は、分割払いが最適です。




更新:2016/06/26



このページの先頭へ